「ほっ」と。キャンペーン

ゆるり日乗

yoruharu.exblog.jp
ブログトップ

きもの

近所の大学の卒業式。
袴姿の女の子たちにすれちがう。
髪をボリュームのあるアップにしてお花を付けている子がほとんど。
おかげで華やかではあるけれど、ちっとも凛とした感じがない。
まあ、コスプレ感覚で楽しんでいるのだからこれはこれでいいのでしょうね。
私も大学の卒業式は袴でした。
呉服屋さんに相談しながらも印象的な色合わせにしたので
足元は草履だと間が抜ける気がして、細身の編み上げのブーツを履きました。
紅緒!だって袴にブーツだったんだから、おかしくないよね?と
祖母に確認したのを覚えてる。
夜は夜で酔いつぶれている学生さん達多し。
存分に飲んだくれたまえ。
世間の荒波が君たちを待っているのだよ。うふふ。

きものと言えば、
先日、友人から宅急便で着物の入ったダンボールが到着。
おばあ様の持ち物で、彼女もお母様も全く着ないので
せっかくだから着て楽しんでくれる方へ、また処分はおまかせします、
という嬉しい頂き物。着物好きには玉手箱。
親切にも事前に友人が写真のファイルを送ってくれて
着物好きのこちらの友達にも見てもいながら何点か選ばせてもらったのだけど
いざ、広げてみると写真とは微妙に色合いが違って、
それがまた一層好みだったりもして、友人とわいわい言いながら楽しみました。
ただ、もう桐の箪笥には入りきらないのよ。
これぞ嬉しい悲鳴。

今ほど女の人が自由でなかった時代の着物こそ
その方の個性や好み、暮らしぶりそのものが着物に反映されている。
和装の醍醐味は‘繰りまわし’というくらいで
あっさりと捨てられる洋服とは違う何かがある。
わたしのところにきてくれたのも何かの縁なのだから
大事に楽しくまとえたらいいな。
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-03-21 16:47

教わりたくない!

生徒さんや友人、周囲に‘国際結婚’(この単語はヘン!)のカップルが何組かいる。
家庭での言語は英語、もしくは日本語という方も多いだろうけれど
英語圏以外の国で出会ったパターンも多くて
日本に住んでいる現在も夫婦の共通語はフランス語だったり、韓国語だったりする。
漢字が読めなくても暮らしてはいけるが
この国で生活するにあたってはある程度日本語の習得は必要。
身近にいるネイティブから習うのが一番だろうけれど、
「お互いのパートナー(妻・夫)からは絶対に教わりたくない!」と口をそろえる。
確かに。
夫婦間での‘立場’は微妙なものだし、
何気ない会話のなかでいちいち文法の間違いを指摘なんかされたくないよね。
素直になれない時もあるし。
パートナーも教えたくもなかろう。

職業によっては夫婦間でも師弟関係がはっきりしている方達もいらっしゃるけど
家庭内ではそれをひきずらないのかしら。
それに勝る信頼関係(リスペクト)があるから大丈夫なのかな。
でも窮屈そう。
もしくは・・・ものすごい立場の逆転がありそう。

国際結婚カップルに円満の秘訣は?と聞けば、
これも皆答えはおなじ。

「相手の良い部分に焦点をあてること!」
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-03-19 12:17

気をつけます。

先日、病院の受付にて、
感じの良い受付の方が「保険証をお願いします」と隣のオバサマに言っていた。
オバサマは保険証を出して、待合室の椅子に座る。
受付の方が再度、「あの、保険証をお願いします」と催促。
オバサマは「だからそこに置いたでしょ!」と答える。
「えっと、これは・・」と言って受付の方がかざしたのは・・・・・・・
免許証。
サイズ同じだものね。
カラダのメンテナンスも大事だけれど頭もね。
私も授業中、ホワイトボードに書こうとした漢字が思い出せなくて
思い出せない自分に動揺したりするもの。ごまかすけど。
ほんと頭も春めいてきて困ります。
気を付けなくちゃ。

がん検診の結果はセーフでしたが、同時期に受診した友人は病気が発覚。
それでもごく初期の段階なので比較的簡単な治療で完治するそう。
よかったよぅ。
彼女にとってはほんとに思いがけないことだったし、
婦人科検診なんてなるべく忘れたフリをしていたいから
タイミングを逃すと何年も受けなかったりする。
今回、わかってほんとによかったねぇと手をとりあって安堵したわたしたち。

友人とお茶をした帰りにゆっくり散歩。
うららかな風に雪柳がふわふわ揺れて春だなぁとしみじみ。
途中、お花屋さんでフリージアとブルーデイジーの鉢を買う。
それだけですごく贅沢な気持になってまだまだ歩けそう。
元気なことがとってもありがたい春です。
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-03-17 22:04

新しい春

習い事の後、図書館へ。
ボランティアで教えているのは私が大学の時に専攻していた教科。
もちろん今となっては古すぎる知識。
言葉も時代と共に驚くほど変化しているので
自分でも教えながら勉強させてもらっているところです。
それに、1月に実家に帰った時、お義理で自室の本棚に並べている
大学の授業で使っていた重々しい何冊かを手に取ったけれど
開くと申し訳ないくらいどのページも綺麗でした・・・。
読んだのか?
よく卒論が書けたものだ。
今さらながら、大甘だったゼミの教授と
完璧なノートを惜しげなくコピーさせてくれた当時の素晴らしい友人達に感謝。


話は変わって
昨日は、午後から友人宅にお邪魔してお茶会。
転勤になってしまう友達のお別れ会でもあったのだけれど
まるで陶器のお人形のような美形ベビちゃんに
はにかんだ仕草がとってもキュートな1歳の女児、
天衣無縫で果てしなくおしゃまな幼稚園児と、可愛いお子達のおかげで
笑ってばかりいた楽しい時間でした。
日々、子育ての苦労も悩みもつきないのだろうけれど
端で見ていると、
どの子の個性も可能性にあふれていて
どの友人もとても上手に
‘お母さん’になっているように見えて頼もしい。

今回引っ越してしまう友人は初転勤で東京へ。
心細さや不安がよくわかるだけにそのぶん寂しい。
彼女がサイトのサポーター、幹事など、
いろんな心遣いをしながら頑張ってくれたことにとても感謝してます。
ありがとう。
みんなにとって、ゆたかな春になりますように。
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-03-12 21:15

ワタシは最高にツイている。

習い事の教室で仲良くなった友人とランチ。
久しぶりのベトナム料理は新鮮。にぎやかにもりもり食べる。
彼女が最近買ったモノで大絶賛なのが、‘メディカル枕’。
そう、雑誌、「通販生活」でベスト1に選ばれたアレ。
不眠気味で肩凝りの私も以前から気になっていたのでいろいろと聞く。
10日間のお試し期間があるらしい、どうしようかな。
オットも欲しがるにちがいない。
通販生活に踊らされ気味の我が家・・。

眠る前には自分なりの入眠儀式がある、という方も多いはず。
子供の頃は母の読み聞かせ。
何冊もリクエストするのに閉口した母は
私が主人公のオリジナルの創作童話を聞かせてくれた。
毎晩設定が変わるかなり適当なお話だったけれど
必ず主人公がベッドに入るところで終わるので、
今日はここまで、おやすみなさい。と言われると不思議と眠くなった。

現在は15分のヨガストレッチと軽めの読書が習慣。
本は並行して何冊も読むのが好きで
移動中はミステリー、時間があるときに集中して読むのは重めの小説や評論、
眠る前は軽めのエッセイと自然と決まってきた。

最近、読んだなかで心地よい眠りに誘ってくれた2冊をご紹介。
1冊は女優・小林聡美の日常を綴った『ワタシは最高にツイている』。
彼女の夫である三谷幸喜が、以前何かで
妻の方が文章に独特のリズムがあって上手いと書いていたけれど
ほんとに心楽しい読み物になっています。
本人はとても繊細な方なのでしょうが、捨て身のツッコミもかなりツボです。
彼女の女優さんとしての個性やセンスはもちろん、
40代とは思えぬ美肌と凛としたこざっぱり感も憧れ。
清潔感とか透明感ではなく、オトナのこざっぱり感ね。
くぷぷと笑ってしまう文章にもそういう清さがあります。

もう一冊はエッセイスト三宮麻由子さんの『音をたずねて』。
幼い頃に視力を失った著者が様々な場所で聞いた‘音’のルポルタージュ。
丁寧に綴られるその‘感覚’と肌で感じる美しい言葉にひきこまれます。
‘見える’ことで、‘見ていない’世界があるのだと、
そしてそれはとても深く豊かな世界なんだと気づかせてくれる。
2冊とも装丁も好み。
素敵な本との出会いが楽しい夢へと続きますように。
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-03-05 10:39

またどこかで。

授業。反応も良く、理解の早い生徒さんなので90分があっという間に過ぎる。
テキストのみだとサクサク進んでしまうので準備にもっと時間をかけたいところ。
チラシや新聞の記事、雑誌や旅行のパンフレットなど身近なものを教材に。
捨てられないモノがまた増える・・・。

このところ毎日のように友人達から転勤の報告が・・。
会社の辞令は無謀すぎて
落ち込んでいるひまもないくらい慌ただしいお引っ越し。
以前は転勤で全てがリセットされてしまうような気がしていたけれど
友達や想い出が忽然と消えてしまうわけではありません。
めぐりめぐってまたどこかで一緒に笑いましょうね。

さて、雛祭り。
陶器のお雛様を飾り、オットと食事に出掛けました。
ひなあられも迷わず購入。
あのうそっぽい甘さと色こそオトナに必要なファンタジーです。
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-03-03 13:47

好きなものと似合うもの。

資料を広げながら授業記録を入力していたら最後の行で画面が消える。
何事もなかったようなフリをしてお茶を飲んだけれど、すでにやる気はゼロ。
その後、ゆっくりテレビなど見る。
話題の疑惑事件のニュースばかり。
コールドケース担当の検事さん、絵に描いたような期待通りのルックス。
この事件がどうなのかはともかく、
殺人罪に何故時効があるのかは以前から疑問。
時効後、呵責に堪えかねて自分が楽になるために告白、謝罪をする人もいるらしいが
‘終わり’のない哀しみを背負う遺族の方達の気持を思うとやりきれません。


話は変わって
先日、友人宅で行われた移動ギャラリー(1日展示会)に出掛けました。
造形作家さんによる洗練された個性のあるアクセサリーの数々。
眺めているだけでわくわくします。
お洒落なリビングでおしゃべりしながら素敵なものをじっくり拝見の幸せタイム。
シンプルだけどちょっとフェミニンな好みのネックレスを購入しました。
普段身につけるものは
好きなものと似合うものの妥協点でいつも揺れます。
ま、迷うのも楽しみなのだけど。

それにしてもイメージをカタチに変える技術をもつって素晴らしい。
去年から仲良くしている一番若い友人もモノを創る子なのだけれど
根拠のない自信にあふれている若さや
常に自分にプラスになるものだけにやたらと敏感な感じが微笑ましく羨ましい。

今私が習っている刺繍はまだまだカリキュラムの段階なので
図案や色使いは自分では選べないのよね。
でも何事も基礎がなくてはね、ゆっくりゆっくり楽しもう。
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-02-28 12:17

夕方から。

少し春めいてきたと思っていたのに
浮かれ気分を戒められるような今日の寒さ・・。
オフのオットと出掛ける計画を変更。
本と好きな音楽にコーヒー、お楽しみのお菓子があれば
ひたすら読書する休日も至福の時間。
三時過ぎ頃、同じように過ごしていたオットが
突然、「イカの活き作りが食べたい!」などと言い出す。
あまりにキッパリとした表情で言うので、小さな声で「いいけど・・」、と答える。
30分後には唐津に向かってました。
久しぶりの唐津。ひなびてます。呼子に行く元気はなし。
寒い。冷たい風に灰青色の海。お城も寒そうに佇んでいる。
散策もそこそこに料理屋さんへ。
大広間にお客さんは二組のみ。
ぽつんと座ってイカ会席をマジメに食べる。
天ぷらにしてもらう時点で既に満腹。

以前に新聞で読んだ年配の方の投書を思い出す。
記念日などの外食にはバイキングを利用しています、という記事。
若い人達はたくさん食べられるからバイキングに行くのでしょうが、
反対に私達は、少ししか食べなくてもいいから行くのです。とあった。
年配夫婦にとってはイタリアンや会席のコース、旅館のお料理は量が多すぎる。
かといって、食べものを残すこと、無駄にすることには抵抗のある世代。
バイキングならば自分の適量を選べて遠慮がいらないし、
疲れたらすぐ帰れるし、
それでいて華やかな雰囲気も味わえるから、という理由。
賢い選択だなぁ。
私も賢く年が取れるといいのだけれど・・。

食後はしっかり旅館の温泉に入ってゆるゆると帰宅。

暖かくなってからまた唐津には来ましょう。
友人イチオシの旧高取邸もまだ見ていないし、
日帰りでたっぷり楽しめる九州を満喫しなくては。
初夏になったら虹の松原をゆっくり歩くのもいいかな。
私の好きな歌人、中島哀浪の歌碑もあるのよね。

    うすべにの貝がらひとつひきだしに
                   悲しき海といつまでかある    
   
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-02-24 16:47

とりとめもなく

アメリカの大統領選への盛り上がりを見ていると
アメリカン・アイドルのファイナルでのお祭り騒ぎを思い出す。
大国の浅さなのか、懐の深さなのかわからないが、ちょっと羨ましい気もする。

911直後の報道で、印象に残っているのは
グランドゼロへと向かう消防士達に励ましと感謝を伝えるために
プラカードを持った若者達が道路脇に立って通り過ぎる消防車に叫ぶ光景。
それぞれが自分たちに出来ることを考えて、
個人レベルですぐに実行する、というのはアメリカの良さなのね。

私がボランティアをしていることを話すと
いまだに、偉いのねぇ、などと言われてしまうのはほんとに残念。


映画は
「アメリカン・ギャングスター」と「エリザベス ゴールデン・エイジ」を鑑賞。
「アメリカン〜」は
アカデミー賞俳優の競演がたっぷり楽しめる心地よい緊張感のある娯楽作。
デンゼル・ワシントンが悪役なのだけれど
端正なルックスに何を演じても漂う気品が
冷酷非道なギャングでありながら、
毎週母親を連れて教会に通うような屈折した男にうまくはまっていました。
彼を追いつめていく刑事役にはラッセル・クロウ。
こちらは年齢のせいか体型も顔立ちもだんだん崩れてきていて、そこがまた
正義感だけはあるけれど私生活は果てしなくだらしない役どころとして妙にリアル。
エンドロール後のワンカットの意味はオットと意見が分かれました。

「エリザベス・・」は・・・
見所は美術!コスチュームが見事!
エリザベスのあのレースの襟がほしい(笑)。
ケイト・ブランシェット、華奢な身体で相変わらずスクリーンを圧倒する迫力です。
女王であるときの気高い威厳と素顔でいるときの痛々しいまでの脆さ。
史実よりも女王の心理描写がメインで
女王でありながら、ひとりの女性であることの激しい葛藤が描かれます。
すごいカタルシス。
ちょっとメロドラマになりすぎた気もするけれど
ケイトの演技にはうなります。

個人的に彼女のセンスがすごく好きなので
今年のレッドカーペットのドレスも非常に楽しみ。
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-02-21 00:08

てづくり。

刺繍で絹糸を扱うようになってから自分の手のケアを見直すことに。
釜糸はとても繊細なので、指先にささくれなどあるとすぐひっかかってしまう。
かといって、こってりしたハンドクリームなどつけてしまうと
糸をよるときはもちろん、触れているうちに絹の美しい光沢を奪ってしまう。
たかがハンドクリームなのだけれど、自分にあうものをと探していたところ、
よくお茶を飲みに行く近所の大好きなカフェ(うつわのギャラリーを併設)で
アロマの講師を呼んで、リップ&ハンドクリーム作りの1日教室を開催するとのこと。
早速、アロマ好きの友達と習いに行ってきました。
生徒さんは3人だけ。
このカフェ自体がリラックスできる好きな空間なので
そこでさらに好きな香りにつつまれて作業するのはなんともいえない楽しいひととき。
気分で選んだ精油はラベンダーとベンゾイン。
あわせると、ちょっと懐かしい香りになりました。
祖母の鏡台を彷彿(笑)。
効きそう。
リップは固まると、唇に触れる部分がいかにも手作りの丸っこさで可愛らしい。
みつろうさえ買えば、あとは家にあるもので好みのハンドクリームができそう。
お楽しみがふえました。

話は変わって
生徒さんが希望の大学に合格。
よかったねぇ。
学歴を鼻にかけたりする人は魅力がないし、
学歴ばかりを偏重する社会なんてとても未熟だとはおもうけれど、
‘受験’に本人の努力と運が必要なのは確かなのだから
それを経験していない人間がとやかくいうことではないよね。

受験でも部活でも恋愛でもなんでもいいから
ごく若いうちに、自分の何かを捧げたと思えるような経験をしておくと
後がすごく楽だと思うのよね。
その時はうまくいかなくても、経験が無駄になることはないよ。
がんばった自分は消えないからね。
[PR]
# by yo-ru-ha | 2008-02-19 13:42