「ほっ」と。キャンペーン

ゆるり日乗

yoruharu.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

道はふたつ。 過去から逃げるか、学ぶか。

気づけば毎日出掛ける楽しみな用事ばかり。
ともすればいくらでもひきこもれる、子供のいない専業主婦なので
友人に恵まれて、忙しくしていられることはありがたいかも。

昨日は遅めに友人と待ち合わせて、お腹を満たしてからキャナルの四季劇場へ。
数年ぶりに再び「ライオンキング」を観劇。
今回はひょんなことから知り合った劇団関係者の方にお願いしたお陰で
とても見やすい席をとっていただけました。感謝。

相変わらず舞台美術が楽しくて視覚的にひきこまれます。
衣装のメンテナンスとかほんとうに大変そう。
この日もサバンナに動物大集合のオープニングでは
誰かがふりまわした鳥が勢いよくあたって他の人の仮面がすっとんでいました・・。
今回は衣装の細かいところや脇役さん達に注目。
像の足役(4人)の人達や草役、無理な姿勢のキリンさん。
福岡公演ならではのお楽しみは劇中、二匹の動物が話す
博多弁、と言うより九州各地の方言をまぜたテンポのよい会話。
方言の不思議なリズムでそれぞれのキャラがよりイキイキしてくるのが楽しい。
劇場内の売店で「角煮まんじゅう」を売ってるのも福岡だけ。

この劇場も演目によっては早めに打ちきられたり、撤退の噂もあるけれど、
この日はほぼ満席。リピーターのファンが多いのと、幼児連れもかなりいました。
劇中、↑タイトルに書いたような含蓄のある台詞もあるのですが、
善悪がハッキリわかれたストーリーなので教育上よろしくないような言い回しも。
後ろの席のお子が「テイノーってなに?」てささやいていましたよ。
(敵役のハイエナ達が‘低脳’呼ばわりされるので・・・)
ま、内容がどうこうよりも
信頼できる大人と一緒に集中して心から楽しめる時間を持つ、というのが大事よね。
私達も楽しみました。

まだずいぶん先、秋の舞台、板東玉三郎、八千代座での公演も既に予約。
いつも先の予定を立てるときに
また転勤があるかも、などと考えるとぐんと消極的になってしまうのだけれど
起きないかもしれないことを心配して疲れるのはムダだもの。
今ある気持を優先させて楽しい日々をおくりましょう。
[PR]
by yo-ru-ha | 2008-06-25 15:04

‘小柄’は何㎝?

日本人の「小柄」って何㎝のことですか?と質問された。
うーん、女性なら150㎝代、男性なら170㎝以下かな、と答える。
女子の着物の仕立て上がりなんかは156㎝までがSサイズなのよね。
‘小柄’はサイズだけれど、‘華奢’は印象だと話す。

そう言えば
先日、オットの服を買いに某セレクトショップへ行った時のこと。
試着したMサイズのシャツがものすごく細身。
もともと細身のヒトビトが対象なのだけれど
「ボクも同じのをMで持ってます」と言うスタッフは
175㎝で55キロだそう。
無駄に華奢すぎます。
そんなことで献血はできて?
40歳以上は要メタボ検診、などと騒ぐ一方で
若者はどんどん薄くなってます。
どうか知恵も薄くなりませんように。

わたしは洋服を選んでいるときに
ショップの方に
「私も同じの・色違いを持ってるんですよ〜」
などと言われると
これまた急激に購買欲がさがるタイプです。
年齢と共に脂肪は着実に増えていますが
‘あまのじゃく’はまだまだ健在。
我ながらやっかいです。
[PR]
by yo-ru-ha | 2008-06-17 11:55

めでたい言い訳。

教室に取材のテレビクルーが入っていて、落ち着かない。
私は映りたくない派。
硬派なドキュメンタリーらしいけれど、
編集権がある限り、テレビってねぇ・・・。

秋葉原の事件のことで
「東京はコワイですね・・」と生徒さんに言われたので
東京に住んでいる人は福岡の方がコワイと思ってますよ、と答える。
どこに住もうと気をつけなければいけないことは同じ。
日本の治安、安全神話なんてとっくに崩壊していると思うけれど
外国の方々にとってはまだまだ有効なのね。

先日は年下の友人の結婚が決まり
めでたい言い訳のもと男女5人で飲み会。
全員イケルクチなので歯止めがききません。
前回の転勤からもうすぐ丸三年。
こうして
気の置けない友人達となじみのお店で楽しく飲めるということが嬉しく、
オットも合流したので、連れて帰ってくれる人がいるという安心感も手伝って
久しぶりに記憶が飛ぶ。
翌日届いた、昨夜の失態についてのさぐりあいのメールを読む限り
全員おなじぐらい酔っぱらっていたはずと信じることにします。
[PR]
by yo-ru-ha | 2008-06-14 09:50

煙と美女

ここのところ、テレビをつければ必ず出ている三谷幸喜。
監督を務めた映画の宣伝に自ら必死で奔走、というよりも
テレビに出たくて映画を撮ったのではないかしら・・・。

さて、先日は世界禁煙デーでしたね。
タスポにまつわるくだらない騒動もあちこちで聞くこのごろ。
確かに煙草はカラダに悪い。健康至上主義のこのご時世に愛煙家は断然不利。
副琉煙の影響も心配だし、匂いだけでも食事をだいなしにされることもある。
空港のガラス張りの喫煙所には罰ゲームのような視線を投げられる。
それでも、私は追いつめれられてく愛煙家の皆さんに同情気味です。
だってねぇ。
私の愛するチョコレートやワインと同じく嗜好品のひとつ。
しかも煙草は税収だって馬鹿になりません。
私がカフェインとチョコレートに求める安らぎを
同じように煙をはくことで得ているだけなのよね?
ストレスの多い職場は喫煙率が高いのも納得。
マナーさえ守ってくれれば問題ないと思うのですが・・。
そのうち、健康主義がエスカレートして‘チョコレート’を食べる人間が
今の愛煙家のように追いつめられる未来がくるかもと思うと恐怖。

そして煙草で思い出すのはOL時代の友人、Fちゃん。
まあ滅多にいないようなシャープな容姿の美女で
綺麗すぎてまるでモテない、という凡人にはわからない悩みの持ち主だった。
金曜日、会社帰りの合コンでの出来事。
一次会のお店を出たところで、移動すべくみんなでタクシーを待っていた時に
お店から出てきた別グループの男性が煙草を吸って、吸い殻をそのまま道に捨てた。
Fちゃんはそれを見るとすかさず、ティッシュで吸い殻を拾い
その男性に向かって毅然と「落とし物ですよ!」と投げるように渡し、
合コン相手の男性陣を見事にドン引きさせた。
まさに賞賛に値する美女である。
会いたいなぁ。
[PR]
by yo-ru-ha | 2008-06-03 12:36