「ほっ」と。キャンペーン

ゆるり日乗

yoruharu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お年頃

風が思いの外涼しい、爽やかな一日。
お昼過ぎまで教室、その後買い物へ。
来月もオットの用事で京都に行くことになったので旅行会社へ。
今回は新幹線&ホテル代がセットなので非常にお得。
先日親と泊まった祇園の旅館の一泊の料金にも満たない。
学生時代を過ごした街のせいか、高いホテルに泊まったりするのが
正直、馬鹿らしく感じる部分もあるのでこれはこれで楽しみ。
京都は片泊まりなら雰囲気のある安い旅館もたくさんあるけれど
ホテルの方がどうしても気楽なのは事実。

買い物は靴。プラットフォームシューズを購入。
慣れるとわりと歩きやすいので。
それとコーラルカラーのサンダルも買っちゃいました。
きれいな色に一目惚れ。
洋服とあわせにくそうだけれど
持ってるだけで嬉しくなる靴ってあるでしょ?ね?
ま、言い訳のようにオットの服も買いました。

問題は冬より夏の方が冷房でカラダが冷えること。
それでもミュールはもちろんサンダルも素足で履きたい。
しかし、気分やおしゃれよりも健康を優先しなくちゃならないお年頃なのよね。
これも夏のささやかなジレンマです。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-05-30 19:53

頼んじゃった・・。

夏日が続いてます。
光化学スモッグ注意報に怯えてられません。
洗濯物もたくさん干して衣替え。
ベランダで隣国の方向にひとにらみしておきました。
寝具類も夏仕様にチェンジ。
友達もブログで書いていたけれど、我が家も布団圧縮袋をフル活用。
使うたびに子供っぽい新鮮な驚きがあります。
これは私が通販で買ったモノのなかでの数少ない成功例。
ちょっと飲んだりしたあと、夜中に見る通販番組はほんとうにキケン。
不眠症のいちばんの弊害かも。
だってねぇ、いつのまにか注文しているのです。この手が!

石鹸の巨大な塊(糸のこみたいなので切り分ける)が届いたときは
なぜこれが欲しかったのかもすでに思い出せず、うなだれるばかり。
買うときは「気に入らなかったら返品できるし〜」を言い訳にするのに
実際は罰ゲームのように使うことになるのです。
貴金属類は購入したことがないけれど、これもちょっとした賭けですね。
そうそう、結婚式で頂いた引き出物カタログと同じかな。
選ぶのはとっても楽しいけれど、届くと写真よりずっと軽いものが多い・・。
でも、以前遠くのお式に呼ばれたときに、
その地方では頑なに重くてかさばるものをもたせるのが良しとされていて
菓子皿と茶碗蒸し5客セットが入っていたことがあります。
たぶん、ご両親が決められたのでしょう。
お式は‘ザ・めでたい!’という感じの華やかさで楽しかったのですが
もう引き出物が、帰りの新幹線で置き忘れたかったほど重かった・・。
その想い出があるのでカタログを頂くとほっとします。

通販も「ハズレかも〜」などと思いつつ商品が届くのを待つ間が楽しいのです。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-05-28 13:57

なんさい?

最近、なぜだか子供と接する機会が多い。
身内や友達のお子達はみんな好きだけれど、
世間一般で言う‘子供’は相変わらず苦手。

今日は知人の孫である小学校2年生のAちゃんと話す。
彼女は最近、「若く見える!」と言うと、大人が喜ぶ、ということを学んだらしく、
やたらと人の年齢を聞きまくっている。
私のことを大胆にも26歳くらいに見えるよ、と言うので、そうよ、と答える。
世間には大人げない大人もいるのだということを学びなさいね。

その後、今年還暦のKさんにもAちゃんは質問。
「なんさい?」と聞かれ、「60歳!」と答えたKさん。
Aちゃんはしばし考えた後、

「えーと・・。 59歳くらいには見えるよ!」と自信満々で言いきった。

子供の気の使い方はいつもまちがっている。
Kさん、我慢できずに笑った私を許してください。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-05-23 21:10

京都

京都に行って来ました。
旅行中はお天気も良く、新緑、たけのこづくしの懐石、祇園の夜を満喫。
今回は祇園の小さな料理旅館に泊まりました。
隠れ家風、というか、忍者屋敷みたいなお宿。
立地が良いので朝の散歩に祇園さんをぬけて、知恩院や青蓮院まで。
やはり京都は5月がおすすめ。
ぼんやり、ゆっくり、風に吹かれて静けさを吸い込むように寺院のお庭を散歩したり、
年月を経て、ぴかぴかに磨き上げられた床に庭の新緑がとけるように映る様を見てると
なんとなく気持が浄化されるように思えるから不思議。
それにしても住んでいるときは思わなかったのに、
福岡に住んでから旅行で訪れると、京都の物価は高すぎる気が・・。

帰りはそのまま実家に向かってゆっくりしてきました。
今年初めからの体調不良の仕上げに顎関節症になった私は
痩せてしまったのでやたらと食べることを強要される。
親の気持はありがたくもうっとおしい。
ま、確かに私達の食生活についてはほんと、見直しが必要。
といっても、大層なことはできないので、新たに決意したのは
外食をへらす、積極的に旬のものを食べよう、ということだけ。
京都でも錦の‘有次’で包丁を購入。
腕がついていくよう、楽しみながら台所にたてますように。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-05-20 19:18

知りたくなかった・・。

知人から過去にあった衝撃的な話を聞く。
わたしまでも落ち込む。
世の中にはどうしたって納得できるはずもない、
理不尽な出来事があり、理不尽な人達がいる。
突然、自分におそいかかってきても対処できない。
なんとかなっても、ならなくても同じように日々は流れて
時間が経ったからといって乗り越えられた、というわけでもなく
時間が経ったからこそ、
あの時、自分がどれだけ傷ついたかに気づいたりすることもある。
なんとか、ぼちぼち進んでいくしかないのだなぁ。


話は変わって久しぶりの料理教室。
今日のメニューは
・海老と野菜、そら豆の塩炒め
・くわいごはん
・中華風あんかけ茶碗蒸し
・黒胡麻ソースのくるみ餅

デザートのくるみ餅、かなりヘルシーかと思いきや、
生地に結構な量のラードを混ぜるのでみんなで驚く。
先生曰く、胡麻団子にもラードは必ず入っている、とのこと。
知らなかった・・・。
胡麻団子、大好きで中華街に行くと必ず買っていたわたし。
そう、世の中には知らなくてもよいこともたくさんあるのです。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-05-08 18:17

まとめて

連休前半は大学時代の仲良しが住んでいる広島へ。
博多発のひかりは拍子抜けするほど空いていて快適なひとり旅に。
夕方、友人達と合流。あっというまの楽しい時間を過ごす。
この年になると、同級生と言っても、環境も抱えている悩みも不安も様々。
それでも安心して飲んで笑っているとシリアスな話も消化されてしまうように思う。
しかし、友人がPTA会長を務めた、という苦労話を聞き、おののく私。
それはお酒も強くなるよね。

夜は新婚の友人宅に宿泊。
ぐんと年下の優しいパートーナーとの和やかな暮らしぶり。
ご主人に作ったお夜食を「みないで〜」などという初々しさに私もお腹いっぱい。

映画は「東京タワー」を鑑賞。
ドラマ化などで食傷気味、と思いながらも、
「オダギリ・ジョーの顔がすきなんだよう」と主張する友達にひっぱられて。
樹木希林演ずるオカンは‘弱音を吐かないタフな九州女’ではなく、
おおらかさとしみじみした愛らしさ全開のオカン。
脚本が松尾スズキでこれだけの豪華キャストならもっと面白くできたかもなどと
考えてしまいましたが、全体的に抑えめでこれはこれで良いのかな。
「まだ哀しいよ。」という台詞はわたしにもしみじみと響きました。

連休最終日の今日はオットの友人つながりの皆さんと河川敷でバーベキュー。
総勢20名くらいの大所帯。
本職のご夫婦が食材の仕入れから調理まで仕切ってくれたので
いつにもまして何もしないわたし。
こういうときにひそやかにテキパキ動ける方を尊敬いたします。
途中から大雨になったけれど炭火の勢いもそのままに橋の下に移動して続行。
これまた楽しくながーい宴でございました。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-05-06 21:54