「ほっ」と。キャンペーン

ゆるり日乗

yoruharu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プレゼント

上天気。
この季節だけのやわらかい緑がたっぷり風に揺れている。
姪の誕生日プレゼントを買いに行く。

小さな女の子の洋服ってほんとうに可愛い。
お値段は生意気だけれど、あまりにも可愛い・・。
ラベンダーピンク色のギンガムチエックのワンピースを選ぶ。
入ることなら私が着たい。

次は絵本売り場へ。
自分も大好きなのでとっくりと選ぶ。
そして、ついつい子供の頃に自分が好きだった絵本を選んでしまう。
でもこれって自己満足よね。
勝手に姪にノスタルジーと共感を期待してるのかな。
「てんぐちゃんとだるまちゃん」を片手に反省。
うちの両親は本はふんだんに与えてくれたうえ、必ず私に選ばせてくれた。
もう少し大きくなったら姪と一緒に選べるだろう。
その時が楽しみ。

夜はオットと外食。
激務続きで疲れているのか、味の濃い、パンチの効いたモノが食べたいと主張。
近所のスペイン料理店へ行く。
ここのガーッリックの効いたスープや魚介たっぷりのパエリアは大好き。
スペイン料理って塩分高い。
外も内も熱いラテンのテンションには不可欠なのかしら。
とりあえずサングリアもたくさん飲んで上機嫌。

そうそう、気がつけばG・W。
オットの勤務は関係ないので
私だけ明後日から広島に遊びに行きます。
皆さんも良い休日を。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-04-28 17:55

うつりかわり

関東から帰省がてら友人が遊びに来てくれた。
大名で待ち合わせる。
ふたりなのでランチは予約せずに気分でお店を決めようとしたところ、、
イタリアンも中華もお気に入りのお店が無くなっている。
海外ブランドの直営店がいくつもできて賑やかになったなかで
やはり消えていってしまうお店がたくさんある。
変わらずにある、ということに必要な努力と運とエネルギーを思う。
食後、あちこちのぞいているうちに
マーガレット・ハウエルでものすごく好みのスカートを見つけてしまう。

先日は久しぶりに会う年下のお友達とお茶。
てくてくと散歩がてら、百道の大好きな中国茶カフェへ。
以前には茶藝の教室にも参加させてもらったし、
どっしりと重厚なアンティークの中国家具や
照明を落としたひんやりした雰囲気がとても落ち着く空間。
しかし、残念なことに、ここも今月末で閉店。
壁のショアジーの額には50%オフのシール、
化粧室に置かれたアンティークの椅子も‘売約済’。
いつも眺めていた素敵なランプには‘商談中’のタグが揺れている。
どうやら常連さん達が少しずつ買い集めているらしい。
閉店の慌ただしさとともに物悲しさも感じてしまう。

帰りは図書館に寄り、2冊ほど借りる。
読んでいて7ページほど飛んでいることに気づく。
結末に近い部分でも落丁。
ミステリーなのに!
以前に借りた本のレシピが切りとられていたことも思い出し、
すっかりうなだれる私。
図書館の本が大事にされないなんて
自分がものすごくモラルの低い街に住んでる気分にさせられます。
ああ、気分がおさまらないので、やっぱりあのスカート買おう。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-04-23 13:12

まっすぐ。

長崎市長が銃弾に倒れました。
短いながら、私も市民だったことがあるので、ほんとうに残念です。
ご冥福をお祈りします。

人々の気持ちや願いだけでは
うまくいかない理不尽なことも多いけれど
何よりも大切なのは‘あきらめないこと’なのでしょうね。
「祈りの長崎」が今後も強くありますように。


話は変わって。
体調もなんとなく上向いてきたし、
オットの激務も来週には落ち着きそうなので
一泊旅行やプチひとり旅などの予定を次々にいれました。
それでもかつてないほどの健康不安にとらわれたままなので
周囲にそのことをもらしたところ、
たっくさんの健康&美容法を教えていただきました。
30代にはヨガ・顔筋マッサージ・バランスボールの普及率ヒジョーに高し。

以前から薦められているのは玄米食。
雑穀を混ぜるのは好きなのだけれど、どうも玄米は苦手。
慣れればなんてことないよ、美味しいよ、と聞くのですが、
私は、ほかほかやわやわのみっちり光った白米を愛しているし、
食事時間が不規則だったり、胃腸が丈夫でない人には逆効果とも聞くのでパス。
どこかで納得できない、楽しめないことは続けられないので。

いつも姿勢が美しく、立ち居振る舞いが洗練されているバイト先の友人に
何かスポーツでもしているの、と聞いたところ
立っているときも、歩いているときも必ず、
背筋よりも、膝のうらを伸ばすように意識するの、
そうすると自然に姿勢も良くなるよ、とのお答え。
なるほど。
心楽しく、まっすぐ、ゆっくり歩いていこう。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-04-18 14:16

春色

素敵なプレゼントが届きました。
illyコレクションのカプチーノカップ。
あっさりと白いカップにピンクの花びらが大胆に描かれています。
デザインは台湾人アーティストのマイケル・リン。
金沢にある大好きな21世紀美術館の華やかな壁画を描いた人です。
数年前、友人とその壁の前の素敵な椅子に座りずっとおしゃべりをしました。
包みを開けたとき、その時の時間が戻ってきたようでしばらく眺めていました。
これでゆっくりお茶を飲んだら気分もしみじみ春色になれそう。
ありがとう。

昨日は友人達と向井・高田夫妻の代理出産の話になりました。
最高裁の判断では、お子たちが、彼らの実子と認められる道は閉ざされたことに。
我が子が欲しいと願う気持は、理性を越える。
まっとうな願いであるぶんだけ、それが狂気に近いということは私にもわかる。
初めから、正しいとか、正しくないとかの問題ではないような。
‘立法’が価値観の修正をせまられる事例はこれからも続くでしょうね。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-04-12 10:34

ぴかぴか君

仕事帰り、マンションの玄関で一緒になった親子連れ。
男の子はぴかぴか君。
自分の背中より大きなランドセルをしょった新一年生。
どこかに見せびらかしに行ってきたらしい。
エレベーターでは私に、「何階ですか?」と大人っぽく聞き、
背伸びして6階のボタンを押してくれた。
いいなぁ。
ランドセルも心もぴかぴかだ。
ぴかぴか君達にとって、心楽しい日々が続きますように。

夜、オットと待ち合わせて食事。
ガッツのあるものを食べねば、と焼肉屋さんへ連れて行かれる。
食欲が落ちているのでお肉はあんまり食べられないけれど、
ここのチヂミはさっくさくの絶品、スープもしみとおるように美味しい。
スタッフは韓国からの留学生で、丁寧な日本語と応対がすごく感じがよい。
私は外国の方が日本語を大事にしてくれているのを見るだけですごく嬉しい。
ちゃんと予約してくれていた、オットの小さな思いやりに感謝。
年齢ばかり重ねても、いつまでたってもわがままで、
自分に余裕がないと人に優しくできない自分のことを、ふいに恥ずかしく思う。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-04-06 16:10

サクラサク

今年初めのお鮨屋さんでの‘穴子事件’以来、体調はずっと低空飛行。
気づけば3キロほどやせました。
肌の調子もボロボロ。
数年来の不規則な暮らしのツケがこの春一気にまわってきたことを実感。
もう、無理はできないお年頃なのだときっちり認めて、ゆるゆる養生します。

でも、この春はぐんと気分が上向く、嬉しい知らせも舞い込んできました。
私のイトコ、38歳で再婚。 
夫のイトコ、26歳で初婚、お相手は年上の子持ち女子。
同級生の友人は8歳年下の彼と無事入籍。
みんなおめでとう。
新しいスタートへの勇気と、恋が生む、先の見えないエネルギーにあやかりたい。
月末には新婚家庭へお邪魔する予定。楽しみです。

今日は主婦友達、9名&ベビ達でお花見に。
天神でランチ後、舞鶴公園へ。
風は冷たいけれど、くっきりと冴えた青空に満開の桜。
子供の頃より、どの桜も白っぽい気がするけれど、美しさは変わらない。
樹齢のことを思えば、人間なんてほんとにちっぽけなもの。
だからこそ、毎年浮かれてしまうのも桜は許してくれるよね。
揺れる花の下、風呂敷にちょこんと座ってお餅を食べるお子の後ろ姿はなんとも可愛らしく
友達が押すベビーカーの車輪にも花びらが何枚もくっついてまわっていた。
[PR]
by yo-ru-ha | 2007-04-03 20:18