ゆるり日乗

yoruharu.exblog.jp
ブログトップ

one and only

真夏のような陽射し。
気づけば5月も半ば。

この春から体力低下に歯止めをかけようと一念発起。
友達を巻き込んでのウォーキングをはじめ、体調管理にいつになく真面目に気を配ったところ、
なんと体内年齢が22歳になりました。
アラフォーですもの、この数字に浮かれずにはいられません。
測定器をかかげて高笑いしたい気分。

それにしても意外にカラダは素直に応えてくれるものだと
我が身が愛おしくなりました。
もう少しだけ丁寧にカラダと向き合おうと思っています。
ま、大好きな外食や少しの??お酒はやめませーん。


実年齢22歳のころ、
とても濃ゆいライブ体験を刻み込んでくれた忌野清志郎さんが他界。
当時の私はさらに浅はかで生意気で果てしなく適当な大学生でしたが
それでもこれから
自分のなかの大切な物をつかまえたまま、
大人として機嫌良く生きて行くということが
決して簡単ではないことには気づいていました。
だからあのとき
清志郎さんのような唯一無二の輝く大人が魅せてくれたものに感謝します。

天国からの
「あいしあってるか〜い」はどんなにか甘く優しく響きわたることでしょう。
[PR]
by yo-ru-ha | 2009-05-12 22:32